初判定日 ET11日目

まず受付後すぐに血液検査、約30分待って呼ばれる。
あっさりと「今回は着床してません」って。ほう、やっぱりあっさりくるよね。
数値見て愕然。1.24ってね、かすってもいないよね。

わかってたけどね、撃沈。
hcg15以上で着床確認のことろ、、
1.24って・・・。(*´Д`)=з

わたってたけどね、やらないと思っていたフライングのおかげで
先生からの言葉は、逆転を願わないわけではない私は泣かずに一応聞けた。
着床しない原因はやっぱりわからないもの。卵がそれ以上育たなかったのか、原因はわからない。

先生は語弊があるかもだけど、数値は関係ないんだって。
多ければいいってわけでもないし、少ないから悪いってわけでもないって。
よくわからなかったけど、とにかく私は今回妊娠していない。

そして今回排卵誘発をいっぱいしたから、1回お休みしないといけないそう。
早く子供が欲しい私には、この1ヶ月の休みって焦るよね。けど焦っても
いい結果が得られないんだ、って言い聞かせて諦めます。
友達と温泉に行って、お酒飲んで、ぱぁ~っとストレス発散だぁ!!

そして次の方針も先生から話があった。
・受精障害の懸念があるから、今後も顕微授精は積極的にしていったほうがいい
・卵の質が悪かったので、量より質を重視する排卵方法に変更する

私「今後は胚盤胞まで育てるということもありますか?」
先生「卵を育てる環境は、体外より体内がいいんです。ですから今回1個しか受精卵がなかったので、
可能性を高めるために移植しました。それが育たなかったかはわかりません。」
先生「もし次回受精卵が多く取れたら、胚盤胞まで育てて凍結ということもできます」

そうね、受精卵が1個しかなったんだもんね。仕方ないね。
とりあえず次の診察は生理が来てから約2週間後に来てくださいって。そこから量より質の
治療方針に変更していくんでしょうね。体調を整えよう。。
そしてこれで初めての体外受精は終了。この1ヶ月わたしの体お疲れ様でした。また頑張ろうね。

今日のお会計:1,080円
1回目の体外受精にかかった費用:402,520円