リフォームローンの金利

リフォームローンもローンですので、当然ながら金利がかかります。この金利はローンの元本に加算して返済せねばなりません。リフォームローンの金利は、融資をお願いする金融会社によっても固定型か変動型かによっても変わってきます。銀行系の金融会社は一般の金融会社よりも低い金利をつけているのは、通常の住宅ローンなどと同じです。最近は少しでも多くのお客様に使ってもらおうという事で、一般の金融会社もリフォームローンなどの金利が下がっている事もあるようです。リフォームローンを扱っている会社はたくさんありますので、どこかに申し込みをする前に、金利などを見て候補をいくつか絞り込むことが大事です。また、申し込むローンが固定金利型なのか変動金利型なのかも重要な視点です。固定金利となっているものの場合、一定の金利のまま最後まで変化しませんので、最終的にどれだけの返済額となるのかを計算することができます。返済計画が立てやすいのがメリットです。変動型ローンの場合、リフォームローンで支払う金利は返済中であっても変化します。金利が上がった婆合い、返済総額は増えてしまいます。金利が下がれば返済額は少なくなります。変動金利の場合、固定金利のものよりも最終的な返済総額が小さくできる可能性がありますが、一方で先の返済額が見えにくいというデメリットを抱えています。このように、一口に金利と言っても大きく影響してくるので、リフォームローンを組む際には慎重に検討して下さい。

コメントを残す